履歴書の志望動機は、ハッキリと伝えよう!

履歴書で差をつけるトータルアルバイトinfo

好きな仕事で楽しく働く!学生時代のアルバイト!

ライター(管理者の説明)

ライター画像学費と生活費を稼ぐために、学生時代はひたすらバイトという苦学生でした。大学卒業と同時にバイト先で正社員にしてもらい、今はごく一般的なサラリーマンです。お問い合わせはこちら

特集ページ

  • こんな会社には気をつけよう!ブラックアルバイトアルバイトをする学生さんに、くれぐれも気をつけてもらいたいのがブラックバイトです。ブラックバイトとは、学生やシニア、主婦、様々なアルバイトをターゲットに、過酷な労働を強制したり、働いた分のバイト代を払わなかったり、サービス残業をさせるなど、ひどい対応をするアルバイト先のことを言います。バイトを始めてみたら応募時に説明された仕事内容と違う仕事に配属されることもあるようです。ひどい場合は、商品を強制的に買わされるなどの行為も報告されています。
  • 女性に人気の販売のアルバイトお花屋さん、ケーキ屋さん、雑貨屋さん、アパレルショップなど、販売員のアルバイトは女性に人気が高いお仕事です。お花やケーキ、雑貨やアクセサリーなど、好きなものに囲まれて働くアルバイト、楽しそうですよね。販売員のアルバイトは、接客のイメージが強いかもしれませんが、裏方の仕事もたくさんあります。清掃や商品の陳列、包装やレジなど、覚えることがたくさんあります。家族連れが多く買いにくるお店、同年代の女性に人気のあるお店など、販売するものによって、お客さんの層も違います。
アルバイト採用の可否は志望動機で決まる!

志望動機の書き方のコツをご紹介

アルバイトの求人に応募したら、指定された日時に面接が行われます。少しでも採用率を高めるためには、事前に準備しておく履歴書の書き方に細心の注意を払うことが大切です。テンプレートに従ってただ漠然と自分の連絡先や職歴などを記載するだけでは、相手の興味を引くことができません。なぜこの職場を選んだのか、人事担当者が納得できるように志望動機を明確に伝えるようにしましょう。志望動機の書き方の例をいくつかご紹介しますので、履歴書作成時の参考にしてみてください。

志望動機の書き方のコツをご紹介

その仕事が好き

接客業の人事担当者は、「人を楽しませるのが好き」という明るい性格の方を非常に歓迎しています。また、「子供の頃からケーキ屋さんになるのが夢だった」という理由で応募する人も、ケーキ屋の担当者にとっては動機がわかりやすくて好印象です。非常にシンプルな話ですが、その仕事が好きであるという志望動機はまっすぐに相手の心を掴むことができて効果的です。その際は、どうしてその仕事が好きになったのかを具体的に説明するとなお良いでしょう。

なじみがある

会社の人事担当者は、全く縁もゆかりもない業界に参入してこようとする人に対して多少の警戒心を持ちます。しかし、過去に同業種の職場で働いていた経験のある人なら、比較的安心して採用することができます。たとえ職歴がない場合でも、「定期的に利用しているお店だから」という具合に、自分とその職場が何らかの接点を持っているということをアピールしてみましょう。そこで働きたいのだという強い気持ちを表現することができます。

条件が気に入った

会社が提示している給料や勤務時間などの待遇が自分にとって都合がいい、という理由も十分な志望動機になります。特に学生さんの場合は学業との兼ね合いもあるので、就業時間が自分の生活リズムに合っている、職場が通学経路にあるので働きやすい、ということを説明すれば理解を示してもらえるでしょう。ただし、「給料が高いから」とか「勤務時間中にまかないが出るから」といったあまりにも生々しい発言は避けたほうが無難です。「他の職場でもいいんじゃないの?」と突っ込まれる恐れがあるので、もう少し具体的な動機付けが必要です。

自分の将来に活かしたい

「将来的には○○の職業を目指しているのでこの業界を経験してみたい」など明確なキャリアプランを持っている方は、そのことをぜひアピールしましょう。非常に話が現実的であり、この人なら真面目に働いてくれそうだと強く印象づけることができます。もしも職歴がある場合は、過去の仕事の中でどんなことを学んだか、そしてその経験をこの職場でどう活かしたいか、などを伝えると一層効果的です。