アルバイト経験がないときは、履歴書の自己PRを念入りに!

履歴書で差をつけるトータルアルバイトinfo

好きな仕事で楽しく働く!学生時代のアルバイト!

ライター(管理者の説明)

ライター画像学費と生活費を稼ぐために、学生時代はひたすらバイトという苦学生でした。大学卒業と同時にバイト先で正社員にしてもらい、今はごく一般的なサラリーマンです。お問い合わせはこちら

特集ページ

  • こんな会社には気をつけよう!ブラックアルバイトアルバイトをする学生さんに、くれぐれも気をつけてもらいたいのがブラックバイトです。ブラックバイトとは、学生やシニア、主婦、様々なアルバイトをターゲットに、過酷な労働を強制したり、働いた分のバイト代を払わなかったり、サービス残業をさせるなど、ひどい対応をするアルバイト先のことを言います。バイトを始めてみたら応募時に説明された仕事内容と違う仕事に配属されることもあるようです。ひどい場合は、商品を強制的に買わされるなどの行為も報告されています。
  • 女性に人気の販売のアルバイトお花屋さん、ケーキ屋さん、雑貨屋さん、アパレルショップなど、販売員のアルバイトは女性に人気が高いお仕事です。お花やケーキ、雑貨やアクセサリーなど、好きなものに囲まれて働くアルバイト、楽しそうですよね。販売員のアルバイトは、接客のイメージが強いかもしれませんが、裏方の仕事もたくさんあります。清掃や商品の陳列、包装やレジなど、覚えることがたくさんあります。家族連れが多く買いにくるお店、同年代の女性に人気のあるお店など、販売するものによって、お客さんの層も違います。
自己PR文を工夫して自分のキャラクターを印象づけよう!

自己PRは今までの経験や交友関係をアピール

人事担当者は応募者の人柄を見極めるために面接を行います。採用率を上げるためには、初対面の相手に自分の個性を分かってもらうことが肝心。そのためにも、自己PRが非常に大切です。しかし、いざ実際に自分の言葉で書こうと思っても、具体的に何を記述すればいいのか迷ってしまうことも少なくありません。どんなことを書けばいいのか分からないという方のために、効果的な自己PR文の書き方をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてみてください。

自己PRは今までの経験や交友関係をアピール

自分の性格をアピール

会社の人事採用担当者の立場としては、面接相手がどんな人なのか分からないと採用しづらいものがあります。従って、自分のキャラクターをしっかり伝えることが何よりも大切です。最近ハマっている趣味や関心のある話題など何気ないテーマでも自分の性格を表現することが十分に可能です。その際は、できるだけ客観的な視点で自分の性格を分析しましょう。あまりにも主観的な文章を書くと自己中心的な性格のように見られてしまう恐れがあります。

交友関係をアピール

どんな業種にしても、仕事とは職場の仲間たちと協力し合って行うものです。知人を紹介しながら自分のコミュニケーション能力の高さをアピールすると、非常に採用しやすい印象を与えられます。どんなタイプの友人が多いのか、また集団で行動する際にはどんな立ち回りを演じることが多いのか、などの事柄を具体的に説明すると、自分の個性をより一層際立たせることができます。自分の交友関係に思いを巡らせてみましょう。

自分の特技をアピール

たとえアルバイトといえども、プロの職場で問われるのは「能力」に他なりません。自分に何ができるのか、得意とするスキルをアピールすると人事担当者の関心を強く引くことができます。その際は、できるだけその職場にマッチした特技を紹介することが大切です。例えばデータ入力の仕事を行う職場の場合、ワードやエクセルなどのパソコン関係の資格が強力な武器になります。しかし、コンピュータを扱う現場で色彩検定や船舶免許などの話をしても何の意味もありません。むしろ、常識のない人のように見られてしまう恐れがあるので注意しましょう。

過去の職歴をアピール

それまでに何度か実際にアルバイトしたことのある方は、ぜひその職歴を紹介すべきです。人事担当者としては、実務経験のない方よりある方のほうが断然採用しやすいからです。どんな職場で働いてきたのか、その仕事を通じて何を学んだのか、この仕事にどう活かしたいのか、などの展望を語れば、自分の熱意を的確に相手に伝えることができます。