履歴書の書き方で、合否が決まる!受かる志望動機や自己PRとは

履歴書で差をつけるトータルアルバイトinfo

好きな仕事で楽しく働く!学生時代のアルバイト!

ライター(管理者の説明)

ライター画像学費と生活費を稼ぐために、学生時代はひたすらバイトという苦学生でした。大学卒業と同時にバイト先で正社員にしてもらい、今はごく一般的なサラリーマンです。お問い合わせはこちら

特集ページ

  • こんな会社には気をつけよう!ブラックアルバイトアルバイトをする学生さんに、くれぐれも気をつけてもらいたいのがブラックバイトです。ブラックバイトとは、学生やシニア、主婦、様々なアルバイトをターゲットに、過酷な労働を強制したり、働いた分のバイト代を払わなかったり、サービス残業をさせるなど、ひどい対応をするアルバイト先のことを言います。バイトを始めてみたら応募時に説明された仕事内容と違う仕事に配属されることもあるようです。ひどい場合は、商品を強制的に買わされるなどの行為も報告されています。
  • 女性に人気の販売のアルバイトお花屋さん、ケーキ屋さん、雑貨屋さん、アパレルショップなど、販売員のアルバイトは女性に人気が高いお仕事です。お花やケーキ、雑貨やアクセサリーなど、好きなものに囲まれて働くアルバイト、楽しそうですよね。販売員のアルバイトは、接客のイメージが強いかもしれませんが、裏方の仕事もたくさんあります。清掃や商品の陳列、包装やレジなど、覚えることがたくさんあります。家族連れが多く買いにくるお店、同年代の女性に人気のあるお店など、販売するものによって、お客さんの層も違います。

アルバイトでも気を抜かない!履歴書の書き方

せっかくやりたいアルバイトを見つけても、「アルバイトだし」と手を抜いて適当な履歴書を送ると、不採用になることもあります。いくらアルバイトといっても応募者全員が採用されるわけではありません。条件のいいアルバイトは競争率も高いので、履歴書から気合を入れて丁寧に書きましょう。アルバイトの履歴書は、志望動機と自己PRが選考のポイントです。この人に働いてほしいなと思わせるような書き方をしましょう。将来の就職活動の予行演習のようなつもりで真剣に取り組んでみてください。

志望動機の書き方のコツをご紹介

志望動機の書き方のコツをご紹介アルバイト面接の採用率を高めるためには、履歴書の「志望動機」の書き方に注意する必要があります。数ある職場の中からなぜこの職場を選んだのか、その理由を明確に伝えることで自分の信用性を高めることができます。その仕事に興味を持った動機づけとして、「昔から好きだったから」、「自分にとってなじみがあるから」などの主張が効果的です。将来の夢がある方は、自分のキャリアプランを伝えるのも良いでしょう。「採用条件が気に入った」という意見も立派な志望動機になりますが、「時給が高いから」といった生々しすぎる理由は極力避けましょう。

自己PRは今までの経験や交友関係をアピール

自己PRは今までの経験や交友関係をアピール面接は世間話をするところではありません。人事担当者が応募者の人柄を見極めるために行っているれっきとした試験です。アルバイトの面接に臨む際は、自分の労働力の高さを強く印象づけるために「自己PR文」の書き方に注意しましょう。例えば、自分の「性格」や「交友関係」などを具体的に紹介すると、キャラクターを掴みやすくなって好印象を与えられます。仕事に活かせる「特技」がある場合は、それもしっかりアピールしましょう。過去にアルバイトの経験がある場合は、その職歴が武器になるかもしれません。社会人の素養をアピールすることで採用率を高めることができます。