要チェック!アルバイトをするならこれは知っておこう!

履歴書で差をつけるトータルアルバイトinfo

好きな仕事で楽しく働く!学生時代のアルバイト!

ライター(管理者の説明)

ライター画像学費と生活費を稼ぐために、学生時代はひたすらバイトという苦学生でした。大学卒業と同時にバイト先で正社員にしてもらい、今はごく一般的なサラリーマンです。お問い合わせはこちら

特集ページ

  • こんな会社には気をつけよう!ブラックアルバイトアルバイトをする学生さんに、くれぐれも気をつけてもらいたいのがブラックバイトです。ブラックバイトとは、学生やシニア、主婦、様々なアルバイトをターゲットに、過酷な労働を強制したり、働いた分のバイト代を払わなかったり、サービス残業をさせるなど、ひどい対応をするアルバイト先のことを言います。バイトを始めてみたら応募時に説明された仕事内容と違う仕事に配属されることもあるようです。ひどい場合は、商品を強制的に買わされるなどの行為も報告されています。
  • 女性に人気の販売のアルバイトお花屋さん、ケーキ屋さん、雑貨屋さん、アパレルショップなど、販売員のアルバイトは女性に人気が高いお仕事です。お花やケーキ、雑貨やアクセサリーなど、好きなものに囲まれて働くアルバイト、楽しそうですよね。販売員のアルバイトは、接客のイメージが強いかもしれませんが、裏方の仕事もたくさんあります。清掃や商品の陳列、包装やレジなど、覚えることがたくさんあります。家族連れが多く買いにくるお店、同年代の女性に人気のあるお店など、販売するものによって、お客さんの層も違います。

アルバイトをするならまずはチェック

せっかくのアルバイトで必要以上に嫌な思いをしないために、ブラックバイトの特徴など、事前に知っておいたほうがいい知識をいくつか紹介します。高校生がアルバイトを始める場合は、法律的な注意点もあるのでチェックしてください。また、もし万が一アルバイト中に怪我をしてしまったときのことも知っておきましょう。不運にもブラックバイトにあたってしまった場合の対処法も紹介します。アルバイトを始めてみて何か変だなと思うことがあったら、すぐに誰かに相談してください。

アルバイトを検討する前に知らなければならないこと

アルバイトを検討する前に知らなければならないことアルバイトは、15歳の誕生日を迎えてから最初の3月31日を超えた日から、つまり高校生以上であればしても良いことになっています。アルバイトを始める際、まずは雇用主と労働契約を結ぶ手続きをしますが、ここで雇用主が提示した勤務地、業種、勤務時間、休日、給料などの労働条件をきちんと確認しておくことが必要です。労働基準法では有給休暇や解雇などといったことについても定めがあります。アルバイト中の怪我は、雇用主が加入している労災保険で補償してもらえるので、万が一のことがあった際には申請をきちんと行ないましょう。なお、アルバイトによる収入を得た場合、年間で一定以下であれば所得税や住民税は支払う必要がありません。

こんな会社には気をつけよう!ブラックアルバイト

こんな会社には気をつけよう!ブラックアルバイト最近では学生の間でも「ブラックアルバイト」が横行するようになりました。ブラックアルバイトの特徴は大きく分けて4つあり、「賃金の不払い」「罰金システム」「暴言や暴力」「強制労働」などがあります。ブラック企業への対処法としては、すぐに辞めることが一番となります。しかし、「違約金を払え」などと脅してくる悪質な企業に対しては「労働基準監督署」へ報告するなど、公的手段を取るという方法があります。不払いの給与やトラブルなどは自分で解決せずに、労働法に詳しい人に間に入って貰うことでスムーズに解決することが可能となります。