販売系のアルバイトは女性に大人気!その仕事内容とは?

履歴書で差をつけるトータルアルバイトinfo

好きな仕事で楽しく働く!学生時代のアルバイト!

ライター(管理者の説明)

ライター画像学費と生活費を稼ぐために、学生時代はひたすらバイトという苦学生でした。大学卒業と同時にバイト先で正社員にしてもらい、今はごく一般的なサラリーマンです。お問い合わせはこちら

特集ページ

  • こんな会社には気をつけよう!ブラックアルバイトアルバイトをする学生さんに、くれぐれも気をつけてもらいたいのがブラックバイトです。ブラックバイトとは、学生やシニア、主婦、様々なアルバイトをターゲットに、過酷な労働を強制したり、働いた分のバイト代を払わなかったり、サービス残業をさせるなど、ひどい対応をするアルバイト先のことを言います。バイトを始めてみたら応募時に説明された仕事内容と違う仕事に配属されることもあるようです。ひどい場合は、商品を強制的に買わされるなどの行為も報告されています。
  • 女性に人気の販売のアルバイトお花屋さん、ケーキ屋さん、雑貨屋さん、アパレルショップなど、販売員のアルバイトは女性に人気が高いお仕事です。お花やケーキ、雑貨やアクセサリーなど、好きなものに囲まれて働くアルバイト、楽しそうですよね。販売員のアルバイトは、接客のイメージが強いかもしれませんが、裏方の仕事もたくさんあります。清掃や商品の陳列、包装やレジなど、覚えることがたくさんあります。家族連れが多く買いにくるお店、同年代の女性に人気のあるお店など、販売するものによって、お客さんの層も違います。
どんな仕事?女性に人気のアパレル販売・雑貨屋・フラワーショップ

女性に人気の販売のアルバイト

販売系のアルバイトは女性に人気ですが、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、特に女性に人気があるとされるアパレル販売、雑貨屋、花屋のアルバイトの内容について紹介します。

女性に人気の販売のアルバイト

接客業が基本、でも裏方の仕事も多数

アパレル販売は、年齢層は店によりけりで、店がターゲットとする年齢層と同じ場合が多数です。同年代の人が集まるため、友達ができやすい仕事でもあります。アパレル販売は接客業が基本で、お客に積極的に声をかける方針の店もあるので誰にでも笑顔で明るく対応できるような人に向いています。また、商品の性質や流行をしっかり捉え、お客に商品を快く購入してもらえるようなアドバイスをすることも大切になってきます。さらに、お客は店員の服装や雰囲気によって店に入るかを決めたりもするため、自分のスタイルやファッションセンスも気にするようになり、また綺麗な姿勢が身に付いたりもします。ただ、アパレル関係は常に華やかでカッコイイなどの印象を持たれがちですが、実際には事務作業に商品の搬入や搬出、検品などといった仕事も多いです。また、立ちっぱなしでやる仕事がほとんどで、大量の商品を運んだりもするので結構な体力が必要にもなります。

雑貨店は勉強意欲が必要!?

雑貨店やインテリアショップの販売も女性に人気があり、アルバイトについても同じことが言えます。この仕事も接客業が基本なので、言葉遣いが良く笑顔で人と接せられる人に向いているのです。この仕事では押しに押すような接客ではなく、お客が何か尋ねたそうなときに対応するといったようなさりげない接客が理想なのです。また、制服がない場合、店の雰囲気にふさわしいファッションが求められることもあります。雑貨店やインテリアショップは取り扱う商品の数がとにかく多く、入れ替わりも激しいのが特徴です。ですので、商品の入荷や陳列、在庫管理などといった仕事もかなり多いですが、雑貨やインテリアが好きな人からすれば楽しみながらこなせるのではないでしょうか。
また、商品の知識以外にアフターケアなどの予備知識も頭に入れておいた方が良いため、勉強意欲も必要となります。店によっては、商品を割引価格で買えることもあります。

花屋は体力勝負の仕事

フラワーショップは、華やかで憧れを持つ人が多いですが、冬場はハードで手荒れはつきものとなり、体力が必要な仕事もたくさんあります。フラワーショップでは、市場から到着した花の水揚げをする作業があるのですが、これは手を冷たい水につけたり前かがみになったりするため体力的にキツイものがあります。さらに裏では、バケツの掃除や水やり、冷蔵庫内での作業なども行います。これらの作業は、本当に花が好きな人でなければ続けるのは困難かもしれません。お客の要望にそって花束やアレンジメントを作るといったフラワーショップならではの楽しみもありますが、これはフラワー装飾技能士やフラワーデザイナーなどの資格を持つ人ができる仕事で、初心者はまずやらせてもらえません。花束やアレンジメントを作る仕事をしたいならば勉強をして資格取得に努める必要があります。冠婚葬祭や店頭のディスプレイなどの出張装飾サービスに対応する店の場合、普通免許以外にもカラーコーディネートの知識を要します。販売員は大半が女性を占めますが、最近では男性スタッフも増えています。また、週末には混むことが予想され、土日出勤もあります。