面接の事前準備をご紹介!アルバイトに合格する対処法とは?

履歴書で差をつけるトータルアルバイトinfo

好きな仕事で楽しく働く!学生時代のアルバイト!

ライター(管理者の説明)

ライター画像学費と生活費を稼ぐために、学生時代はひたすらバイトという苦学生でした。大学卒業と同時にバイト先で正社員にしてもらい、今はごく一般的なサラリーマンです。お問い合わせはこちら

特集ページ

  • こんな会社には気をつけよう!ブラックアルバイトアルバイトをする学生さんに、くれぐれも気をつけてもらいたいのがブラックバイトです。ブラックバイトとは、学生やシニア、主婦、様々なアルバイトをターゲットに、過酷な労働を強制したり、働いた分のバイト代を払わなかったり、サービス残業をさせるなど、ひどい対応をするアルバイト先のことを言います。バイトを始めてみたら応募時に説明された仕事内容と違う仕事に配属されることもあるようです。ひどい場合は、商品を強制的に買わされるなどの行為も報告されています。
  • 女性に人気の販売のアルバイトお花屋さん、ケーキ屋さん、雑貨屋さん、アパレルショップなど、販売員のアルバイトは女性に人気が高いお仕事です。お花やケーキ、雑貨やアクセサリーなど、好きなものに囲まれて働くアルバイト、楽しそうですよね。販売員のアルバイトは、接客のイメージが強いかもしれませんが、裏方の仕事もたくさんあります。清掃や商品の陳列、包装やレジなど、覚えることがたくさんあります。家族連れが多く買いにくるお店、同年代の女性に人気のあるお店など、販売するものによって、お客さんの層も違います。
事前準備も面接のうち!履歴書の再確認も!

電話応募したらいよいよ面接!事前準備はしっかりと

履歴書を準備し、面接の約束をしたあとは、面接会場に向かうこととなります。面接前には、どのような準備をしたら良いでしょうか。ここでは、面接に向けた準備の方法を紹介していきます。

電話応募したらいよいよ面接!事前準備はしっかりと

面接へ行く前に

まず、面接に行く前に忘れ物がないか確認します。履歴書などの応募書類をはじめ筆記具や地図も用意しましょう。また、面接会場の住所や担当者の部署名、名前、電話番号などを控えたメモも必ず準備しておきます。家を出る前にもう一度忘れ物がないか確認をしましょう。
服装については、TPOをわきまえた格好を心がけましょう。企業や仕事内容によっては定められた規則があったり茶髪やピアスなどが禁じられている場合があり、それらのことは求人情報に記載されていたりします。また、電話応募の際にどのような格好で来れば良いのか、スーツなのか私服なのかなど確認ができれば尚良いです。相手の意向で私服などラフな格好でも良いとされていても、初対面の人と会う以上は派手な髪型や装飾品、だらしない格好など、相手にマイナスの印象を与えてしまうような格好は避けましょう。例えば、飲食店の場合は衛生面を重視する仕事なので、ボサボサの頭や長い爪などは不潔な印象を与えるためタブーです。また、一般企業の場合はスーツが基本です。短パンやサンダルなどラフすぎる格好は避けましょう。

時間は絶対に厳守すること

たとえ5分ほどであっても約束の時間に遅れることは絶対にしてはいけません。基本的には5分前には到着するように心がけてください。初めて行く場所であるだけに、当然迷うこともありえます。せめて事前に面接会場の最寄り駅までの乗り継ぎに必要な交通機関や時間、最寄り駅から面接会場までの位置関係と距離を必ず確認しておきましょう。応募先が店などの場合には、下見のついでとして事前に行ってみると確実です。出発する際は時間に十分に余裕を持たせて下さい。万が一、遅れそうになった場合には、遅れることが分かった時点で速やかに電話をし、どれほどの時間がかかりそうかを伝えます。30分以上などの早すぎる到着も、相手にあまり良い印象を与えません。近くで時間を潰し、せめて10分前ぐらいに会場へ行くようにしましょう。

面接にどうしても行けなくなったら

もしも面接の当日に、急用のためにどうしても行けなくなってしまった場合には、どうしたら良いでしょうか。相手は面接を予定に入れた上で時間を調整して待っているので、連絡をせずにそのままにしておくことは絶対にしてはいけません。行けなくなってしまったことが分かった時点で速やかに連絡をして謝りましょう。その際に、日程を変更してもらえる可能性もあります。

聞くべきことを準備しておこう!

面接とは、もちろん相手が自分を判断するためのものですが、それと同時に自分がそこで納得して働けるかどうかを確認するためのものでもあります。面接では、事前に労働条件など聞いておきたいことをまとめて聞くようにしましょう。例えば、仕事内容や勤務時間、勤務地、給料などのほか、給料の支払い条件や長期でバイトをする場合は社会保険の有無、職場環境など、気になることは聞きましょう。ただし、求人情報に記載されていることは自分で確認を取りましょう。